アトピー性皮膚炎の原因と対策について

アトピー性皮膚炎の原因と対策について

 アトピー性皮膚炎は、かゆみを伴った湿疹のある皮膚の疾患で、私たちの周囲で最もよく耳にする皮膚炎だと思います。その患者さんの大半がドライスキンとアトピー素因を持っており、ドライスキンはその名の通り乾燥しやすい素因、アトピー素因はアレルギーを起こしやすい体質のことです。

 

 良い状態を寛解、悪くなる状態を憎悪(ぞうあく)といいますが、この寛解と憎悪を繰り返す疾患です。かつては、この皮膚炎は乳児、幼児に特有のもので、成長につれて患者数は減り、成人するまでにほとんどが治ると言われ、2歳ですでに半分、10歳で4分の1までに減るとされていたのですが、現在では20歳までの約10人に1人がアトピー性皮膚炎と言われています。幼少時に一度治癒しても、大人になってから再発する例もあります。

 

 なぜアトピー性皮膚炎になるかは、はっきりと分かっていません。しかし、遺伝による体質と環境に誘発されて発症すると考えられています。

 

 症状は、軽微なものなら皮膚の乾燥程度ですが、重症化するにしたがって腫れや、フケ状のもの(鱗屑)、ぶつぶつ状のもの(丘疹)などが現れ、びらんや掻きこわしなどもできてきます。

 

 年齢によっても症状は違い、乳幼児の時期は比較的軽微ですが、治癒しないまま成長するとそれにつれて症状は重くなっていきます。成長するほど重症化するため、合併症や感染症も起きやすくなります。

 

 幼少期から治癒しないまま成長すると、かゆみのため皮膚を掻き、悪化させてまた掻き、さらに悪化させてしまうという悪循環を繰り返すことになります。こうなるとQOLのレベルにも影響が出る恐れがあります。

 

 治療はステロイド剤などの塗布が中心になりますが、まずは医師の診察を受け、適切な治療を行うことが大切です。また、生活習慣ではまず清潔を第一に心がけ、食事などの生活習慣も見直すようにし、ストレスを抱え込まないことが大切です。

アトピー性皮膚炎の原因と対策についてのメニュー

アトピーの原因について アトピーの症状について アトピーの対策について アトピーの治療について

アトピー性皮膚炎の原因と対策について

 

アトピー性皮膚炎の原因と対策について記事一覧

アトピー性皮膚炎の原因について

 なぜアトピー性皮膚炎になるのか、はっきりした原因はわかっていませんが、まず考えられるのは体質です。 自分自身がアレルギーを起こしやすい体質、または家族がその体質の場合、アトピー性素因がある、といいます。 人間には免疫がありますが、これは、体の中に侵入してきた異物を取り除くというシステムです。異物は...

≫続きを読む

 

アトピー性皮膚炎の症状について

 アトピー性皮膚炎の症状は、かゆみが中心ですが、その症状も年齢などや重症度によって違ってきます。 1歳までの乳児期では、じくじくした紅斑と呼ばれる腫れ、丘疹というぶつぶつが顔や頭から次第に全身にでき、眉には黄色いかさぶたのような湿疹が出来たりします。 アトピー性皮膚炎でない赤ちゃんでも、乳児湿疹など...

≫続きを読む

 

アトピー性皮膚炎の対策について

 アトピー性皮膚炎の治療は、まず薬剤の塗布ですが、ステロイドを塗ってかゆみ等を軽減しても、一時的に皮膚の状態が良くなった状態の寛解と悪化を繰り返します。 薬剤治療によって皮膚の状態を改善することも大事ですが、そのかゆみを引き起こす原因を絶つこともアトピーを克服するために重要なことです。 それには、ま...

≫続きを読む

 

アトピー性皮膚炎の治療について

 九州大学大学院医学研究院皮膚科が監修したアトピー性皮膚炎に関する情報サイトによると、アトピー性皮膚炎の治療について、入浴とスキンケア、炎症を抑える薬物治療、悪化因子探しと対策、この3つを治療の三本柱だと述べています。 皮膚を保護するバリア機能が弱まり、炎症を起こすのがアトピー性皮膚炎です。まずはス...

≫続きを読む

 
アトピー性皮膚炎の原因と対策について