医療事務の資格について | 傾向と対策

医療事務の資格について勉強してみよう!!

 流行語大賞を主催していることで有名な「ユーキャン」。もちろん事業内容は流行語を集めることではなく、生涯学習、通信教育の運営の最大手企業。

 

 検索エンジン”google”の検索ウインドウに、”ユーキャン”と入力すると、ウインドウには自動的に「ユーキャン 医療事務」というキーワードが予想検索のトップに自動的に現れます。

 

 それほど、医療事務というのは、これから資格を取ろう、勉強をしようという人にとって、関心の高さが1の資格なのです。何より就職に有利、というのが最大の理由でしょう。

 

 少し大きい駅前なら、4〜5件はあるコンビニエンスストア。ユーキャンのHPによると、日本の病院の数はコンビニの2倍なんだとか。当然、医療従事者の数も期待できますね。世の中、社会的に不安定で不景気、そのため医療費削減も叫ばれているとは言え、人間、病気になれば医療機関に行って、しかるべき治療を受けざるを得ないわけですから。

 

 また、それなりの動線はあるでしょうが、医療事務は基本的には座り仕事です。そのため、体力的にも厳しくありません。また受付には、病院来訪者を相手にする接遇という重要な面があります。この点で、女性ならではの柔らかく、話しやすい雰囲気は適していると思われます。それだけに、女性に向いている職業、と言われているのですね。

 

 何より、国家試験による国家資格でないことが大きいです。医師や看護師などのように、教育機関へ長期間通う必要がない、ということも魅力的ですね。

 

 他の医療従事者の資格に比べて取りやすいとは言え、医療事務の資格は10種類以上もあり、難易度も違います。その中でも、医科 医療事務管理士は年6回受験が可能ですから、このあたりに的を絞って勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

医療事務の資格についてのサイトマップ

医療事務の資格について | 傾向と対策記事一覧

医療事務と一般事務の仕事の違いについて

 医療事務と一般事務の違いについてですが、同じ事務でも医療事務と一般事務とでは仕事の内容や勤務先、資格などが全く違います。 まず、医療事務は、病院やクリニックなどの医療機関で勤務します。仕事の内容は、受付や電話対応、患者さんの案内、カルテの管理、レセプトの作成などを行います。医療機関という特別な場所...

≫続きを読む

 

医療事務の仕事内容について

 病院へ行くと、初診なら、保険証の提示を求めたり、受付用のファイルを渡してくれたり、最終的には料金を受け取ったりと、医療事務の仕事は見てわかるだけでもこれだけありますね。医療事務従事者は、最近ではカッコよく、メディカルクラーク、と呼ばれたりします。 医療事務には外来クラーク業務、病棟クラーク業務とい...

≫続きを読む

 

医療事務の転職率について

 医療現場というのは、どんなところでも、どんな職場でもかなり過酷です。よく聞くのは看護師の離職率ですね。人の命を預かることもあり、体力的にも相当ハードなため、バーンアウトしてしまうことが多いのが理由です。 部署や診療科によっても差があるでしょうが、大病院ほどこの傾向が強く、医療事務の現場にもそれは言...

≫続きを読む

 

医療事務管理士について

 ひとくちに医療事務といっても、かなりたくさんの資格があります。中にはコツコツとスキルアップを重ねて、医療事務関係の資格を多数とって活躍しているツワモノもいらっしゃることでしょう、。 その中でも医療事務管理士の資格は、診療報酬を正確に算定できる能力を問われる資格です。医療機関の貴重な収入源に関わって...

≫続きを読む

 

医療事務の求人情報について

 人間が生きている以上、一度も病院にかかったことがないという方はまず、いないでしょう。病気と縁がなくとも、妊婦や乳幼児なら定期健診、企業の福利厚生なら健康診断と、医療機関を受診することは必ずといっていいほどありますね。 つまり、人間が生活する限り、医療機関はなくなりません。余剰しているということもな...

≫続きを読む

 

医療事務の資格の種類について

 その特徴から、女性が働きやすく、就職に有利として資格取得人気1の医療事務。では、その「医療事務」とやらの資格を取得するのにはどうすればいいのでしょうか。 「医療事務」の資格は10種類以上あります。これは、医療事務の資格が国家資格ではなく、民間団体による認定資格であることにもよります。内容は似たよ...

≫続きを読む

 

医療事務の受験資格について

 医療事務の資格試験は、様々な種類がありますが、その種類によって受験資格が異なります。 まず、『診療報酬請求事務能力認定試験』や『医療事務管理士技能認定試験』、『保険請求事務技能検定試験』、『調剤報酬請求事務専門士検定試験』には、受験資格がありません。 次に、『医療事務技能審査試験(メディカルクラー...

≫続きを読む

 
医療事務,資格,傾向,対策