近視矯正について | レーシック治療やコンタクトレンズの選び方

資格矯正について

 世の中でよく話題となっている健康。ダイエットや生活習病、サプリメントなど世間では自分の体の健康について非常に関心を高めています。その一つとして、視力に対する関心もあります。

 

 「3Dのイラストで視力がよくなる」という本や「このサプリメントで目が良くなる」といった健康食品まで、世の中にはいろいろな健康情報が流出しています。

 

 本サイトでは色々な近視矯正方法がある中、眼科医療として確立された屈折矯正法『レーシック』の治療法や費用。夜眠っている間に、特殊なデザインを施した高酸素透過性ハードコンタクトレンズを装用するだけで、起床時までに近視を回復させてくれる『オルソケラトロジー』の治療効果や費用、安全性。メガネの使い分けや子供の視力回復トレーニング方法、目のケア方法などを紹介しています。

 

 本サイトで少しでもあなたの視力低下を予防し、快適な生活をするお手伝いとなったり、近視矯正治療をするきっかけになれば幸いです。

近視は治す事ができます

 近視は屈折異常の一つです。目は外からの光を角膜と水晶体で屈折させ網膜に集め、脳へ信号として送ります。この屈折の力が強かったり、弱かったり、ゆがんでいたりなどすると、光が網膜の上できちんと焦点を結ばない為、像がぼやけてしまいます。

 

 これを正しい屈折にするために、メガネやコンタクトレンズがあります。つまり外付けのレンズで屈折力をかえて、網膜の上に像を正しく結ばせる手段です。

 

 いっぽう近年レーザー光線を使った治療技術が進歩して、角膜をほんの少し削り、角膜のカーブを直接変えて屈折力を変化させる事で治療するのがレーシックなどの治療法です。

 

 今まで、メガネにしてもコンタクトレンズにしても装着具を使用しての矯正でしたが、角膜の形成を変えて裸眼で屈折を正しくするという事は、やっと餡線に近視を治せる時代になったと言えるのではないでしょうか。

近視矯正について |レーシック治療やコンタクトレンズの選び方記事一覧

レーシックの手術について

 まずは、最近よく耳にする近視矯正手術【レーシック】とはどういった手術法なのかを見てみましょう。 近視矯正手術の一つで、角膜の表面を切り開いてフラップと呼ばれる「ふた」を作り、その内側にエキシマレーザーを当てて角膜を削ります。角膜の形を変えることにより、角膜の屈折率を変化させ、視力を矯正する手術の事...

≫続きを読む

 

オルソケラトロジーについて | 近視矯正の治療法

 オルソケラトロジーの語源の由来は、オルソ:矯正する、ケラト:角膜を、ロジー:技術を総合してできた言葉です。 オルソケラトロジーは、コンタクトレンズを夜眠っている間に装着し、角膜のカーブに癖をつけて、日中に裸眼で生活できるようにする矯正方法です。夜間に装着しいる間に、コンタクトレンズによって角膜の表...

≫続きを読む

 

視覚矯正はメガネが一番お手軽

 「メガネをかけたら視力が悪くなる」とよく言われていますが、このような医学的な根拠はないそうです。 メガネをかけ始めると、はずした時に今まで以上にぼやけて見えるように感じるので、近視が進んだように感じるかもしれません。また、小学生から高校生にかけて、いわゆる成長期が一生のうちで一番近視が進行する時期...

≫続きを読む

 

子どもの視力回復トレーニングについて

 近視を引き起こす原因は、今の医学ではまだわかっていません。目の奥行きの長さや角膜の形状などは、遺伝子要素が強いのではないかと考えられていますが、環境的要素も近年では指摘されています。 遺伝子的要素は予防しようがありませんが、環境的要因は多少日々の生活で予防すつことができます。 近年、子どもたちの生...

≫続きを読む

 

近視矯正前後の目のケア方法

 目の表面は涙で覆われています。そして涙は目の表面の角膜や結膜の組織に酸素や栄養素を供給しています。角膜の透明性は涙によって維持されているのです。 涙には、さまざまな免疫物質やタンパク質やビタミンなど、角膜や結膜の細胞を守り、成長を助けるために必要な成分が含まれています。 目のうるおいケアは、涙が出...

≫続きを読む

 
近視矯正,レーシック,治療,コンタクトレンズ,選び方