坐骨神経痛にお悩みの方への治療と対策

坐骨神経痛でお悩みの方へ。治療法や対策を知っておこう。

 太もも・足の裏からお知りにかけて伸びている、太い神経を坐骨神経といいます。「坐骨神経痛」とは、この神経の部位で起こる痺れや痛みの症状の事を言います。

 

 坐骨神経がなんらかの圧迫を受けると、皮膚に近い部分を通っているため、お尻から太ももの裏にしびれや鋭い痛み、ふくらはぎの張りなどさまざまな症状が出てきます。

 

 圧迫を受ける部位によっては、ひざの裏のあたりで枝分かれしているため、膝下の外部に症状が表れることもあります。

 

 症状が重くなると歩行が難しくなるなります。

 

 坐骨神経は足の筋肉や太ももを守る重要な神経です。

 

 坐骨神経に痛みが生じた場合は、疾患を調べるために原因を追究する必要があります。

 

 主な原因には、腰椎の疾患が多いので、整形外科での受診により正確な診断を受ける事が必要です。また、中には内臓疾患が疑われる方は、内科の診察を勧められます。

 

 痛みの原因に関わらず、坐骨神経痛の治療は、症状を緩和する対症療法が中心です。

 

 まず初めに検査による坐骨神経痛の原因を特定し、保存的療法を始めます。治療を続けいても痛みが軽減されない場合や、排便障害や排尿障害が表れた場合は、手術を検討される事もあります。

 

 保存的療法には薬物療法・神経ブロック療法・理学療法などがあります。

 

 痛みの治療は一般的に、患者の痛みを軽減するために、色々な薬剤を病状に合わせ薬剤を使い分ける薬物治療です。

 

 薬物治療に使われる薬剤は、神経障害性疼痛治療薬、消炎鎮痛剤などあります。外用薬の湿布薬は、薬局やドラッグストアで温湿布も冷湿布も購入する事ができます。

 

 処方箋を出してもらわないのなら、事前にお医者さんに相談しどういったものが良いか聞くとよいでしょう。

 

 医師や理学療法士などの指導により、患者の症状を見ながらいくつかの療法を組み合わせて治療するのが、理学療法です。

 

 温熱療法は、患部を温めて血行を良くして痛みを緩和させる治療法です。

 

 運動療法は、ストレッチや体操を定期的に行い、症状を緩和させる治療法です。運動療法は、自己流で行うとかえって悪化する恐れもあるので、医師の指導のもとする事をお勧めします。

坐骨神経痛にお悩みの方への治療と対策

治療方法について 対策する方法について ヘルニアとの違い 原因について

症状について 坐骨神経痛について 高血圧について

 

坐骨神経痛にお悩みの方への治療と対策記事一覧

坐骨神経痛について 基本知識

 「坐骨神経痛」とは、腰から足にかけての痺れや電気が走るような痛みを感じます。特に中高年に多い症状で、腰から足にある「坐骨神経」が関係しています。 坐骨神経痛は正式には病名ではなく、坐骨神経に起きた症状を表す総称のことで、何らかの原因で坐骨神経が圧迫や刺激を受け、痛みやしびれを起こしている状態です。...

≫続きを読む

 

坐骨神経痛を対策する方法

坐骨神経痛は、腰痛から始まりお尻から足の裏側にかけて、痺れや痛みを感じる症状をいいます。坐骨神経痛の症状は、坐骨神経の圧迫にそって感覚障害が起こります。また筋力が落ち歩行が難しくなる場合もあります。 坐骨神経痛は、生活習慣を見直すことにより予防・改善することができます。まず、姿勢を正すことから始めま...

≫続きを読む

 

坐骨神経痛とヘルニアについて

 坐骨神経痛を起こす原因は様々あります。腰や下肢に痛みやしびれがあるときは、専門医の診断を受けて原因となる疾患を特定することが急務となります。 立った状態で体を前に倒すと痛みが増す場合は、ヘルニア型坐骨神経痛で比較的若い世代に多くなります。腰椎椎間板ヘルニアが原因になります。後ろに倒した場合に痛みが...

≫続きを読む

 

坐骨神経の原因について

 痛みは、原因と状態よって様々あります。腰から足の先まで伸びる坐骨神経がなんらかの原因で圧迫や刺激を受けて、鋭い痛みやしびれ、麻痺などを起こす症状を坐骨神経痛といいます。 坐骨神経は末梢神経の中で一番太く、腰から足の先まで長く伸びる神経です。そのため、痛みや痺れのでる場所は人によって違います。お尻か...

≫続きを読む

 

坐骨神経痛の症状について

 坐骨神経痛は、何らかの原因によって坐骨神経が圧迫されたり刺激を受けることによって症状があらわれます。特定の疾患の名称ではなく症状の総称です。椅子から立ち上った瞬間や歩行中などお尻や太ももの後ろ側に痛みや痺れを感じれば、坐骨神経痛の疑いがあります。 初期の頃は湿布薬を貼ることで症状が緩和されます。で...

≫続きを読む

 
坐骨神経痛,お悩みの方,治療,対策,腰痛