リハビリで坐骨神経痛を治療

坐骨神経痛をリハビリで治療する方法

 坐骨神経痛は、腰からお尻・太ももの裏側に痛みやしびれを伴う神経痛の一種です。主に中高年に多くみられますが、最近では若い世代の患者も増えてきています。

 

 若い世代では「腰椎椎間板ヘルニア」「梨状筋症候群」によるものが多くなります。中高年になると「腰椎椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄」などによる痛みやしびれの症状が表れます。

 

 坐骨神経痛をそのまま放置しておくと、痺れや麻痺の度合いが強くなり、日常生活に支障がでます。ですから症状の軽いうちに医師の診断を受けることが、症状を軽減することになります。

 

 坐骨神経痛の治療は、まず症状を緩和する治療になります。一般的に薬物療法と、運動やマッサージなどの理学療法などを組み合わせて行われます。

 

 薬物療法は薬剤を使い、痛みを軽減する治療法です。消炎鎮痛剤や外用薬を処方されます。また治療を行っても改善が見られない場合は、患部に直接注射する神経ブロック療法や手術も検討されます。

 

 神経ブロック療法は、痛みを起こしている神経に直接、またはその付近に局所麻酔を打ちます。麻酔により痛みの信号が脳に伝わることがブロックされます。薬の効果により痛みが緩和され筋肉の緊張が緩みます。結果、血流がよくなり炎症も抑えられます。初期の段階で医師の診断を受けると、痛みも緩和され日常生活も楽に過ごせるでしょう。

坐骨神経痛にお悩みの方への治療と対策

治療方法について 対策する方法について ヘルニアとの違い 原因について

症状について 坐骨神経痛について 高血圧について

 

リハビリ,坐骨神経痛を治療

リハビリで坐骨神経痛を治療関連ページ

薬で治療する方法
坐骨神経痛の薬物療法は薬剤を使い、痛みを軽減する治療法です。このサイトでは、坐骨神経痛の治療を薬でする方法について記載しています。
神経ブロック治療について
神経ブロック療法にはいくつか種類があり、痛みの種類や症状により使われます。このサイトでは、神経ブロック治療で坐骨神経痛を治療する方法について記載しています。
整形外科で治療
坐骨神経痛を治療するとき、整形外科ではどのような治療を行うのでしょうか。このサイトでは、整形外科で坐骨神経痛を治療する方法について記載しています。
整骨院で治療
接骨院では医療行為となるレントゲン撮影や投薬はできません。レントゲンでの病状確認が必要な場合は、接骨院から医療機関を紹介することになります。このサイトでは、坐骨神経痛を整骨院で治す治療法について記載しています。
鍼灸で治療
鍼灸治療は、中国で確立された東洋医学の治療方法のひとつです。坐骨神経痛も鍼灸治療でも改善できます。このサイトでは、鍼灸で坐骨神経痛を治す方法について記載しています。
自宅治療方法
坐骨神経痛を自分で自宅で治療する方法などを記載しています。日常のケアをする事で、坐骨神経痛を少しでも軽減しましょう。